本紙編集長逮捕 各界抗議メッセージ1 「赤軍派」の名を語った 不当弾圧に憤る

重信房子 (元日本赤軍。八王子医療刑務所に拘留中)

人民新聞12月5日号を読んで、人民新聞社の活気、山田編集長の元気な声、そして「オリオンの会」の「11・21人民新聞社・岡本公三さん支援活動に対する不当弾圧への抗議声明」によって、私にも全体情況がよく判りました。
まず、かつての私たちの名を使った弾圧への憤りとともに、昔から「赤軍罪」にさらされてきた人民新聞社の方々に申し訳ない思いと連帯の思いでいます。今後も発動されるであろう、権力の「オリンピック対策」(20世紀の70年代のことなのに)や、「日本赤軍テロ組織狩り」に名を借りた、共謀罪の実質化は決して許せません。真の狙いは政府に異議申し立てをする人民新聞や市民運動を脅し、弾圧し、市民人民と離反させることにあるのは明白です。
そのために第一に、運動の情報センターである人民新聞社に狙いを定め、移転の時を奇貨として、地域社会から追放させる「やくざ狩り」の手法を用いて、住民を怖がらせるような大袈裟な捜査によって、何の関連もない新聞社を襲ったのでしょう。山田編集長に対する逮捕の口実は、何時でも誰でも当局が狙えば逮捕口実をつくりあげられることを示しました。
第二には、ありもしない「日本赤軍危険視」のフレームアップです。日本赤軍は半世紀近く前の武装活動の後、すでに解散し活動していません。岡本公三さんは85年「ジュネーブ条約」に基づく「捕虜交換」で国際赤十字が仲介し、20年前からレバノン政府の亡命許可の下で病気治療をしつつ平穏に暮らしています。
85年当時捕虜交換釈放でイスラエル政府に抗議した日本政府はアラブで笑いものでした。刑を終え亡命権を得て療養中の岡本さんの逮捕状をまず日本政府が取り下げることによって、アラブ諸国、人民への友好を示して然るべき事がらです。
この亡命者への人道的な生活支援を「オリオンの会」が行っていることを、あたかも「大事件」で、その「共謀者」のように編集長に対するフレームアップが行われています。
第三に、彼ら権力側の都合がありそうです。「テロ」事件などない中、予算獲得、若手警察官の教育、さらに公安の既得権を維持すべく、市民運動や良心的な反戦・平和を求める人々をテロと関連付けた人脈図を作り、弾圧のシナリオを捏造しているのです。今後「オリンピック治安」を口実に権威主義と管理社会化が猛烈に進む兆しが、11・21弾圧と言えるのではないでしょうか。
人民の中へ、人民と共に! 連帯します
60年代人民新聞(「新左翼」という当時の名称)創設を担った人たちは、当時の左翼の限界を教訓に、官僚主義を許さない運動を求めて「人民の中へ、人民とともに!」をモットーとしていました。山田編集長をはじめとする後継された方々は、この現場主義で闘う人々の声を常に報道してきました。
今、権力側が人民新聞を市民、地域住民から分断しようとしている中、逆にそれを許さない多くの方々の抗議と行動を胸熱くなる想いで注視しています。さらに「人民の中へ、人民とともに!」を進むみなさんに私も心から連帯しています。編集長の帰還を求め、新年さらに力一杯の前進を祈ります。   (12月13日)

「人民新聞編集長・山田洋一さんを支援する会」結成!

人民新聞編集長を取り返すため仲間が結集

呼びかけ人に入り、2/17尼崎集会・2/24東京集会へ参加を

実質的な共謀罪適用を許さず、警察・検察は即時保釈し、押収物を返せ!

共同代表:木村真(豊中市議会議員)、戸田ひさよし(門真市議)、田中壽雄(みんなに見てほしい映画を自主上映する会尼崎)、田中末広(オリオンの会)、脇浜義明(人民新聞社)

★関西と関東の集会に参加を!

関西:

2月17日(土)18時~
「小田地区会館3Fホール」(JR尼崎駅から南へ5分。尼崎市長洲本通1-15-38)
地図:http://www.city.amagasaki.hyogo.jp/…/institution/05_053.html
(駅北側の「小田公民館」ではありません。間違えないようお願いします。)
スピーカー:

  • 木村真(豊中市議会議員)「森友学園問題と人民新聞弾圧」
  • ガリコ美恵子(イスラエル在住、人民新聞執筆者)「パレスチナに対するイスラエルの暴力、エルサレム首都承認問題を報告」
  • 尼崎の友人から:不正と闘う山田さんの過去映像など
  • 趙博(浪花の歌う巨人・パギやん)の歌
  • 人民新聞社、オリオンの会から経過報告
  • 「関西生コン」への弾圧もさせない―関係者報告。ほか

関東:

2月24日(土)18時~
「人民新聞・オリオンの会への弾圧抗議集会」
――言論弾圧・共謀罪適用を許さない!岡本公三支援の何が悪いのか!
ただちに山田編集長を釈放せよ!
場所:日本キリスト教会館(地下鉄早稲田駅から徒歩5分)
地図:https://www.hoshien.or.jp/images/map/map_150406.jpg
スピーカー:浅野健一(同志社大学教授・メディア論)、足立昌勝(救援連絡センター代表)、
園良太(人民新聞社)、オリオンの会ほか

★「支える会」の議員、弁護士、学者などの呼びかけ人を募集します!
people (at) jimmin.com へご連絡下さい

★救援の専用口座ができました。カンパをお願いします!
弁護士費用、救援活動などに使います。

ゆうちょ口座 記号:14300 番号:87859841
普通 ヤマダヨウイチサンヲシエンスルカイ
他の銀行から:店番号438 番号:8785984
普通 ヤマダヨウイチサンヲシエンスルカイ

※これまで救援カンパは人民新聞社の口座で募集していましたが、今後はこちらの「支援する会」口座へお願いします。これまで頂いたカンパは12/31時点で約101万円となりました。
心から感謝します。今後も多額の保釈金や裁判支援のカンパが必要となりますので、新口座の方へよろしくお願いします。

<呼びかけ>

人民新聞編集長・山田洋一さんが不当逮捕・起訴されて2ヶ月経ちます。山田さんは極寒の神戸拘置所でも頑張り続け、人民新聞も編集部の努力で発行され続けています。

しかし山田さんの逮捕・起訴は、被害も被害者も無いものを「詐欺罪」に仕立て上げ、安倍政権を批判するメディアを狙い撃ちで長期監禁する、あってはならないものです。
稀代の悪法・実質的な共謀罪の開始です。押収された新聞社のPCや名簿もまだ返されていません。
一刻も早く保釈させ、荷物を取り返し、2月以降に始まる裁判に勝利しなけれなりません。

山田編集長は地元尼崎市などで幅広く人間関係を作っていました。そこで関係者が声をかけ合い、広い枠組の「支援する会」を結成しました。早期保釈を求め、差入れや裁判闘争を支えていきます。2/17の尼崎結成集会にご参加下さい。
また東京でも本件関係者が家宅捜索を受け、押収された荷物が戻っていません。弾圧に抗議し、弾圧の拡大を防ぐために、2/24に東京集会を開催します。ご参加下さい。

先立つ抗議声明には、すでに多くの地方議員、弁護士、法学者に賛同を頂いています。
みなさまに、改めて会の呼びかけ人に加わることをお願いします。
神戸地裁は山田編集長を保釈せよ!地検は起訴を取り下げよ!兵庫県警は荷物を返せ!
ともに声を上げて下さい。

2018年1月17日 人民新聞編集長・山田洋一さんを支援する会
ブログ:http://support-yamada.skr.jp/
電話:080-8316-4285

◆人民新聞編集長 山田さんをハガキで応援しよう◆

山田洋一さんが11月に兵庫県警生田署に不当に勾留され、年末には神戸拘置所に移送されました。
長期勾留を目的としたこのような措置に、遠くから歯がゆい思いをしている方も多いのではないでしょうか。

あなたの声を、拘置所に届けてみませんか。
現在も接見禁止がつけられ、弁護士やお母さん以外とは、面会も手紙のやりとりもできない山田さんをハガキで応援し、後押しする取り組みです。

当該の山田さんはすぐに読むことはできませんが、郵便物を受け取る拘置所職員と、解放後(あるいは接見禁止解除後)に山田さんに読まれることを前提としたアピールであり、早期解放を求める声を届けることで、職員から当該山田さんへの接し方の改善をはかるのが目的。

山田さんへの応援はもちろん、拘置所職員、あるいは司法への怒りなど、皆さんの思いを届けてみませんか。

送り先:〒651-1124 兵庫県神戸市北区ひよどり北町2丁目1 神戸拘置所 山田洋一

差し入れ報告(2018/1/12)

書籍類を差し入れてきました。

 

◯入ったもの:

雑誌2冊

・創 2月号

・NONUKES VOICE vol.18

 

書籍3冊

・公安警察ナンボのもんじゃ

・パレスチナ問題

・警察はここまで腐蝕していたのか

 

◯入らなかったもの:

・よつば通信

本は全て入りました。「ここでは受付ます」とのことです。

よつば通信は「パンフレット」扱いとなり、書籍とは別にカウントされますが、「接見禁止なので×」という解答でした。

「弁護士さんか、一部接見禁止解除されたお母さんからであれば、入ります」とのこと。先日入らなかった家族写真についても同様のようです。

先日塗り込まれていた、交差点入口の文字は「神戸拘置所管理地」でした_

 

 

ブログを開設しました

人民新聞編集長・山田洋一さんを支援する会が発足しました。
(※最初のチラシでは「山田編集長を支える会」となっていましたが、名称変更しました)

今後は本ブログにて情報発信を行っていきます。ご注目ください。

差し入れ報告(2018/1/4)

敷地境界線を引き直す作業を行う拘置所職員

差し入れに行った方からの報告を転載します。

昨年12月27日の拘置所激励行動を受けてのことか、敷地付近では境界線を引き直す作業を職員がしていたとのことです。次はここから中へ入れさせないということでしょうか。

極寒のなか不当拘留されている仲間へ、せめてもの励ましの声をとどけることのなにがわるいのか。腹が立ちますね。

日々寒さが募る一方ですが、一日でもはやく解放されることを願ってやみません。


4日、入れたもの、入らなかったものです。

○入れたもの・・・これは売店でこちらで勝手に選んで買ったものです。本人に来たよ!というアピールを兼ねてです。差し入れ書に差し入れた人の名前を書くので、本人にそれが届くのです。

・オレンジジュースとチョコレート

○入らなかったもの

・写真(山田さんの家族の写真で、お母さんからも依頼されたもの)
・2月17日の集会呼びかけビラ

○とりあえず、受け取ってくれたが本人のもとに届くかどうか確証がとれないもの

・人民新聞新年号

市販されている雑誌類は差し入れOKといわれたので「人民新聞は市販されている。一部150円と書いてあるでしょ。」とアピールしていれました。(営業マンみたいですが・・・)

集会呼びかけビラは「だめだ。」といわれました。1円でも値段を書いておけばよかったのかしら(?)

山田さんの家族写真が却下なのも理由の説明がありません。これが接見できるお母さんの写真ならOKなんでしょうか?

私と○○さんはわざわざ別室によばれ係官から説明を受けたのですが、一般の差し入れ基準は書いて壁に貼ってあるのですが、接見禁止の人の差し入れ基準はグレーなんです。これも基準を明らかにしてほしいといっておきました。こんなの情報開示なんかでとれないのかしら?

差し入れ報告(2017/12/22)

拘置所へ差し入れに行った方からの報告を掲載します。


お疲れ様です。拘置所に電話して差し入れ可能のものを聞きました。

・毛布は3枚までOK
・布団はシングルサイズ、羽毛布団でもOK
・まくらもOKだが中がそば殻はダメ。
・フード、ひも付き、つなぎの服はダメ。
・カイロはダメ。中に売っているとのこと。

これを聞いて結局、毛布を2枚に増やし、厚手の靴下2足、手袋を入れました。全て入りました。お金も入れました。ちゃんと領収書までくれました。ただ、髪の毛をまとめるゴムはダメでした。10センチ以内に切って両端をぬったものですが。

12月は27日が差し入れ最終日で、28日分は本人には1月4日に届くとのことです。拘置所内では最初の場所(関所みたいなところ)で携帯もロッカーに保管され、荷物チェックがあり、金属探知機のようなところを通ります。そのうえで差し入れ場所、面会場所に行きます。

正面玄関の前は広い駐車場があります。ここで集まることはできますが、声がどこまで聞こえるかはわかりません。

*神戸拘置所の行き方(私が今日行った方法)

三ノ宮駅から神戸市営バス66系統「しあわせの村」行乗車「ひよどり北町」下車すぐです。

乗車時間30分で440円 乗り場はセンター街のところです。帰りは貿易センター前でおります。

行きと帰りの時刻表を添付します。本数さえあえば三ノ宮から30分は思っていたより近かったです。